<テーマ特選> あの戦争を忘れない

 戦後72年、日中戦争、太平洋戦争を直接体験した人も少なくなってきました。しかし、今後の日本の進む道を考えるうえでも、その記憶を消すわけにはいきません。この数年、兵士として戦場に立った人、家族を失った人からうかがった話、戦争を伝える遺構の記録などを収めました。

 <他のテーマ特選>

 続いて編成中です。
 しばらくお待ちください。


     
 
   
本土決戦に向けた特攻兵器「回天」基地があった和歌山県由良町の海岸。8月9日に着いた特攻隊員が大碆(おおばい)の岩(向こう側)に立って輸送船の到着を待った(2015年8月7日撮影)⇒記事へ

 項目  取材日 
開戦75年、陸軍少年飛行兵の3年間(和歌山県串本町)  16.05.30 
特攻艇「震洋」、出撃訓練の日々(和歌山県由良町)  16.06.18 
由良湾で爆沈、海防艦犠牲者の兄が語る(和歌山県由良町) 16.06.18
本土決戦の拠点・紀伊由良回る(和歌山県由良町)  15.08.07
「回天」基地・白崎のハマユウ (和歌山県由良町) 11.07.14  
   
 笠形山のクリンソウ(兵庫県市川町) 15.05.13 
  「花守人」は海軍電測学校でB29を探知 15.05.13
   
 沢村・西村投手の故郷に球春 (三重県伊勢市) 14.03.10 
 朝熊山のジングウツツジ (三重県伊勢市) 11.05.25
  詩人・竹内浩三育てた伊勢志摩の山と海 11.06.10
  生誕90年 今に響く「ながいきをしたい」 11.06.10
   
 新免遺跡に豊中空襲の大穴 (大阪府豊中市) 13.12.14
   
三尾〜日ノ御埼 初冬の海岸 (和歌山県美浜町)  11.12.07  
  太平洋戦争下のカナダを生きて 11.12.07 
  バンクーバーで開いた美容師の道  11.12.07
  国際化時代を先導 三尾発の精神 11.12.07 
   
⇒トップページへ